窓と並んで、侵入の被害に遭いやすいのが玄関です。ことに最近は、ピッキングやサムターン回しなど、新手の犯罪が増えています。そこで今回は、玄関の防犯対策について考えてみます。

玄関の防犯の基本は、一ドア二ロック、つまり二つ以上の玄関錠を取り付けることです。というのも、人目を嫌う空き巣は、侵入に手間取ることを恐れるから。事実、侵入に5分以上かかると、窃盗犯の7割以上があきらめるというデータがあります(財団法人都市防犯センターによる)。

ただし、従来型のシリンダー錠は、ピッキング犯なら数秒で開けてしまいます。ピンシリンダー錠などのアンチ・ピッキングタイプを少なくとも一つ、できれば二つとも選ぶようにしたいものです。目安は、CP-C認定錠の表示。カギ専門店やDIY店などで尋ねてみてはいかがでしょう。

ピッキング犯がドアの外側から錠を開けるのに対し、サムターン回しはドアの内側のつまみ(サムターン)を回して侵入します。ドリルで開けた穴や郵便受けなどのすき間から工具などをさし入れ、サムターンを回してロックをはずしてしまうのです。対抗方法は、防犯サムターン付きの錠前を取り付けること。既存のサムターンにかぶせてサムターン回しを防ぐ器具も、ホームセンターなどで販売されています。

もっと荒っぽい例では、ドアとドア枠のすき間にバールなどを入れ、デッドボルト(施錠時にドアから飛び出すかんぬき)ごとこじあけてしまう手口があります。デッドボルトが見えないカバープレート付きの玄関ドアや、デッドボルトから金属製のフックが飛び出してボルト穴にしっかり食い込む鎌付きデッドボルト錠などが、有効だとされています。

なお、ガラスを使った玄関ドアについては、防犯合わせガラスにするか、格子付きのものを選ぶと、万一ガラスを割られても、手を入れられにくくなるでしょう。また、空き巣に対する抑止力という意味では、インターホンをテレビドアホンに変えたり、防犯カメラを設置するのも一案。録画機能のあるタイプなら、万一の際にも役立ちます。