マンションの「管理を見る」とは「お金の管理を見る」ことでもあります。ここでいうお金とは、管理費と修繕積立金。いずれも、所有者全員で構成する管理組合が徴収し、管理・運用することになっています。ただし、実際の事務は管理会社が請け負っている場合も多いようです。

二つの費用の違いですが、管理費は管理会社への支払いや日常の清掃・補修、共用部分の光熱費などに用いられます。一方、修繕積立金が使われるのは、エレベーターや給水施設の取り替え、外壁塗装、屋上防水工事など、大規模で定期的な補修工事です。預金口座でいえば、管理費は普通口座、修繕積立金は定期口座にたとえられるでしょう。

ここで考えておきたいのが、管理費・修繕積立金の金額です。支払う立場からいえば、どちらも安い方がいいと考えるのは人情。しかし、マンションの将来的な資産価値を考えると、結論は逆になります。たとえば、管理費の不足は、日常の清掃管理などが行き届かないマンションを生み出しますし、修繕積立金の不足は、共用設備の交換や大規模修繕に支障をきたします。最悪の場合は、マンションの老朽化やスラム化さえ招きかねません。

多くの管理組合では、管理費・修繕積立金を補うものとして、専用駐車場の使用料などを当てています。収益源として、敷地内に自動販売機を置いたり、屋上に広告塔を設けるマンションもあります。一方、大規模修繕時の費用不足を、組合員からの臨時追加費で乗り切るケースもまま見られます。

管理費・修繕積立金の収支や運用状況は、総会などで必ず報告されます。総会記録などの形でも残っているはずですから、中古マンションを購入するなら一度、見せてもらいましょう。記録がきちんとしており、内容にも不明な点がないなら、そのマンションは一定の管理がされていると考えることができるでしょう。

また、中古マンションの場合、前の所有者が残した未払い管理費・修繕積立金は、新しい所有者に請求されることがあります。購入時には、こうした費用の未払いなどがないかもチェックしておきましょう。