双方が契約内容を確認し、必要なお金と手続きの用意が完了すると、いよいよ住宅の引き渡しです。

中古住宅の場合、カギを受け取るという現実の引き渡しとは別に、法律上の不動産引き渡しが必要です。これが、登記簿上での移転登記手続き。ある土地や建物について、間違いなくあなたの不動産だという登記を確認しなければ、いくらカギを受け取っても、法的に正当な所有者とは認められません。この点を忘れずに確かめておきましょう。

実際の引き渡しにあたっては、売り主側が移転登記・抵当権抹消などの手続きを済ませた登記簿謄本と権利証(登記済証)、そして物件のカギを持参します。一方、買い主側はあらかじめ取り決めた残代金を用意。謄本と権利証の記載に間違いがないことを確認したら、両者を交換することによって、代金の決済と物件の引き渡しを完了します。

また、たいていの中古住宅は、売り出し時点では住宅ローンの支払いが終了していません。つまり、住宅ローン関係の抵当権が設定されているわけです。こうした抵当権などは、取引完了までにすべてを白紙にしておく(抹消)のが原則です。

一般的には、買い主からの支払金(手付金・中間金)によって売り主がローンなどの残債を清算し、抵当権を抹消してから、移転登記を実行。買主側は、抵当権が抹消されているか、受け取った登記簿謄本で確認します。抵当権がついたままだと、借金のカタとして差し押さえられたり、競売を申し立てられる可能性があります。

なお、複数の抵当権や評価額をはるかに超える抵当権、根抵当権が設定されている物件は、よほどの注意が必要です。また、登記に関する訴訟の存在を示す「予告登記」、債権者や税務当局による「差し押さえ登記」 「仮差し押さえ登記」 「仮処分登記」、一定の条件が満たされた場合に売主の所有権買い戻しを認める「買戻権登記」なども、危険信号といえるでしょう。こうしたトラブルを避けるためにも、購入予定物件の登記簿は、事前にきちんと読み込んでおきたいものです。