不動産業はサービス業の一つです。そして、その要となるのは「人」。依頼者の住まい選びに真剣に取り組み、必要な情報を積極的に提供してくれる担当者に出会えれば、納得のいくマイホーム購入ができるでしょう。履歴も状態も一つひとつ違う中古一戸建てであれば、なおのことです。

よい担当者を選ぶ基準は単純ではありません。規模の大小や知名度の有無と担当者のよしあしは別物。目立たない地元の不動産会社でも、良心的な人材はいるものです。

一例として、依頼者の希望や経済状態について一生懸命質問する業者は、信用できることが多いようです。顧客のニーズをより的確に把握し、的確な情報を選びとるためには、核心に触れる質問がどうしても欠かせません。購入者と同じ視点に近づこうとする努力が、そこに感じられるから、というわけです。

ほかにも、他社や周辺物件を含めて豊富な情報を持っている人、専門用語を分かりやすく説明する努力をする人、顧客によって態度を変えたりしない人などは、良心的な担当者であると言えそうです。「早く決めないとすぐ売れます」とか「とりあえず申込金を入れて」などと契約や入金を急がせない人も安心できるでしょう。

もちろん、私たち生活者も心に浮かんだ質問や疑問、要望などはどんどん伝えるようにしたいものです。思い描いたマイホームに出会いたいのであれば、余計な遠慮はかえってマイナス。どんなベテラン業者でも、黙っているあなたの心の中までは読めません。自分の希望や現状を明確に伝えることが、専門家の知恵と経験を最大限に生かすことにつながります。

ちなみに、宅建業法では、業者が知り得た個人の秘密は決して他人に漏らしてはならないと定めています(同法第四五条)。念のため書き添えておきます。