中古住宅の中でも、一戸建てには根強い人気があります。マンションと違って土地がある安心感、新築物件に対して比較的求めやすい点が理由のようです。中には、建て替えやリフォームを前提に中古住宅を探す人もあるようです。

また、たいていの中古住宅は町の中にあります。そのため、交通機関やスーパー、病院、学校といった生活のための各種施設が充実していることが多く、入居後もスムーズに新生活を始められます。両親の家に近い、住み慣れた土地に暮らし続けたいなど、立地の希望を優先した結果、中古住宅に住むことになったという人も少なくないでしょう。

とはいえ、中古住宅ならではの事情は考慮しておく必要があります。まず、新築住宅に比べ、見た目や設備が古びている点は避けられません。つまり、建物や設備の事前チェックが、新築住宅以上に求められるということです。

また、価格面で割安なことは確かですが、融資条件も難しくなる場合があります。たとえば、中古公庫(リ・ユース住宅購入融資)の場合、住宅の状況によっては返済期間が最長二十年となったり、低利の基準金利が受けられないことがあり、その分月々の返済負担も重くなります。割安イコール低負担とは限らない点を確認しておきましょう。

もう一つ、確かめておきたいのは、その家が売りに出された理由です。単なる住み替えや転勤のためなのか、住まいに何か問題があったためか、あるいは日照や騒音などが悪くなったためか。売却理由によって、話はずいぶん変わってくるでしょう。

こうした課題も承知の上でなら、中古住宅選びは実に有益なものとなるでしょう。次回からは、こうした点を踏まえて、中古一戸建てを選ぶための具体的なポイントをご紹介していきます。